サンゴ養殖施設
沖電開発のサンゴ養殖施設にてサンゴ苗の育成をしています。
在宜野灣海洋支援中心進行珊瑚養殖及研究


親サンゴから枝分けし、琉球石灰岩でできた土台に移植します。 その後、養殖水槽内で6か月間生育した後、海に植樹します。

把從母珊瑚分離出的枝幹移植到由琉球石灰岩造成的地基石。在海水水箱中培育數個月後再種植到海中。
育ってきた珊瑚には藻などが付き、 サンゴ自身の光合成を阻害するので、定期的に藻を取るなどのメンテナンスをします。

由於成長後的珊瑚會被藻類依附,阻礙珊瑚自身的光合作用,所以會進行把藻類去除的定期檢查。
水中用の接着粘土を使用して、育った稚サンゴを植樹します。 最後に、天敵に襲われないよう、最初はサンゴに籠をかぶせて守ります。

使用水中專用的黏貼黏土種植培植了的幼苗珊瑚。最後加設籠罩保護珊瑚不被天敵襲擊。
植樹は光合成ができる深度にて行ない、 光を遮る海藻やソフトコーラルがない場所を選定して行います。

會選擇一些能夠進行光合作用的深度,而且不被海藻或軟珊瑚遮擋光線的地方進行種植。

サンゴの植樹場所等は宜野湾のトロピカルビーチ周辺の海洋にて行ないます

用潛水方式進行的珊瑚種植的地點等。乘船地點就在中心旁的碼頭,而且只需10分鐘就能到達種植點。浮潛的地點是車程只需5分鐘的熱帶海灘。全部的計劃都是在珊瑚養殖設施附近的場所進行的完善環境。(※會有因應海況等原因而出現改變的可能性)

スノーケルでのサンゴ礁ピクニックの様子。ライフジャケットを着用し、安全性に最大限留意します。

在珊瑚礁浮潛遊玩的情景。穿著救生衣,著重安全性。
サンゴ苗作り体験の様子。サンゴの親株から切り分け、琉球石灰岩でできた土台に移植します。簡単な作業ですが、サンゴにストレスを与えないよう注意して行います。

體驗製作珊瑚苗的情景。把從母珊瑚分離出的枝幹移植到由琉球石灰岩造成的地基石。雖然是簡單的工序,但要小心注意不讓珊瑚感到壓力。