Q.サンゴって動物?植物?
A.
サンゴは枝のような形や、葉の形をしているものがいるので、一見植物のように見えますが、実は、餌を捕まえて食べたり産卵をしたりする、私たちと同じ動物です。

因為珊瑚的形狀, 有些像樹枝, 有些像樹葉, 所以乍看之下會以為是植物。但實際上, 珊瑚也會捕捉食物, 也會產卵, 和我們一樣都是動物
Q.サンゴにはどれくらい種類があるの?
A.
造礁サンゴの種類は、世界中で450種類以上といわれています。そのうち日本で見られるのは、約400種類です。沖縄から九州や四国、本州太平洋沿岸でも確認されていますが北へ行くほど種類数は減少していきます。沖縄県では約380種類のサンゴが存在しています。
Q.サンゴには卵があるの?
A.
サンゴには、雄と雌が別々の種類と雄と雌が同じ群体の中にある種類もいます。ハナヤサイサンゴの仲間は体内で受精して、幼生を体外に放出します。それが岩などにくっついて1~2年でようやく私たちが目にするサンゴの形に成長します。 多くのサンゴは年に1回、夏の満月の夜にそろって産卵します。数万個のピンク色の卵が海中から水面に向かって浮かび上がり、水面を漂う様子はとても神秘的です。
Q.サンゴは深い場所にも生息するの?
A.
サンゴの体内には褐虫藻(かっちゅうそう)という植物プランクトンが生息しており、光合成を行ないます。光合成で得た栄養分をサンゴ本体に送っているため、基本的にサンゴは光が届く浅い水深に生息しています。
Q.サンゴの白化現象ってなに?
A.
サンゴの白化現象はサンゴの体内に棲む褐虫藻を失うことで、サンゴ骨格である石灰質のみになってしまうことを指します。褐虫藻を失う原因としては、高水温・低水温・強すぎる光や紫外線・低塩分などが考えられています。白化直後のサンゴはまだ生きていますが、その状態が長く続くと、サンゴは褐虫藻からの栄養分等を受け取ることができなくなり、最終的には死んでしまいます。
Q.サンゴの天敵は?
A.
サンゴ礁にはサンゴを食べてしまう天敵がいます。 その代表格はオニヒトデという動物で、サンゴに覆い被さり、口から胃を出し、消化液をかけてサンゴを食べます。稀に大発生してサンゴを食べ尽くしてしまうこともあります。また、レイシガイダマシという貝もサンゴを食べることで有名です。